当館女将&スタッフが旬の情報をお届け!


by minatokan

ちょろぎ

d0135908_1813978.jpg
調理場で面白いものを発見しました♪なんだか分かりますか?
これは、お正月などに出てくる『ちょろぎ』です(^^)
あのイモムシのようなちょっと変わった形で、ゆり根に似た食感で生姜のように少しピリッと辛い味がします。食べているのは土の中にある塊茎なんですよ。
シソ科の多年草の植物で、6月~7月に青紫色の花を咲かせます♪
漢字では「丁呂木」や「丁梠木」と書きます。また、縁起をかついで「長老木」「長老喜」「長老貴」「千代呂木」とも書かれることもあるそうです。
このちょろぎ、フランスではクリーム煮やサラダとして食べるそうですよ。ちょっと食べてみたいですね(#^.^#)
お正月用の余ったちょろぎを調理場の廣瀬君が大切に育てていたそうです。
これからどんな風に育っていくんでしょうね。花が咲くかな(*^^)?
[PR]
by minatokan | 2009-02-27 18:13 | その他